FC2ブログ

青森・下北もぐもぐブログ 首都圏もぐもぐ編

めたぼなオヤジが、青森及び首都圏のもぐもぐ情報等を浅草から配信中

駅ハイ まるごと奥州街道 いわて・一戸町フジの花のみち (岩手県一戸町)

ekihai ichinohe kozuya 2012, walking on national road no.4, 240520 1-6-s
↑ 初夏を思わせる好天でした (国道4号線 一戸町農産物直売所サラダボール付近)


                            


今回の駅ハイは、"まるごと奥州街道 いわて・一戸町フ
ジの花のみち"と名付けられたお花と歴史に彩られたコ
ースを歩きました。 参加者は約40人くらいだったでしょ
うか。


ekihai ichinohe kozuya 2012, IGR kozuya stn. 240520 1-6-s
↑ いわて銀河鉄道 小鳥谷駅で受付け


ekihai ichinohe kozuya 2012, IGR kozuya stn. 240520 1-7-s
↑ 小鳥谷駅には産直もあります


スタートは、いわて銀河鉄道 小鳥谷駅でした。
普段は静かなこの駅も、この日は凄く賑やかでしたね♪
JR盛岡支社、一戸町、そして地元ボランティアガイドの
皆様とともに歩きますよ~。


ekihai ichinohe kozuya 2012-s
↑ 今回のコースです (駅ハイHPより引用しました)


ekihai ichinohe kozuya 2012, japanese wisteria in fujishima, kozuya, 240520 1-6-s
↑ 国指定天然記念物の藤島のフジは開花が遅れています


まずは、国指定天然記念物の藤島のフジへ向かいま
す。 天然のノダフジでは、日本一の大きさなのだそう
です。 今年は寒さの影響で開花が1週間ほど遅れて
いて、ポツリポツリの咲き程度(残念)。
来週(5月26日)頃に、見頃を迎えるそうですよ♪


ekihai ichinohe kozuya 2012, rest house for meiji emperor visited. 240520 1-4-s
↑ 明治天皇御休憩所跡


ekihai ichinohe kozuya 2012, oiwake stone for  the milestone,240520 1-7-s
↑ 五月舘の追分石


奥州街道沿いは、歴史遺産の宝庫です。
昔ながらの町並みのそこかしこにスゴイものが普通
に残ってるんです。 明治天皇御休憩所跡は、明治
9年と14年の東北巡幸の時に使われたものだそうで
す。 また、この際に街道の道幅が約3メートル(2間)
へと拡幅されたそうですよ。

五月舘の追分石は、奥州街道と山道の分岐点に置
かれたもので、写真左側が奥州街道です。


ekihai ichinohe kozuya 2012, takayashiki area, 240520 1-5-s
↑ アスパラ畑で収穫体験


ekihai ichinohe kozuya 2012, takayashiki area, 240520 1-8-s
↑ 井戸ポンプがレトロで良いですね


高屋敷集落に到着です。
到着前には、地元ガイドさんが作られているアスパ
ラ畑で収穫体験。 参加者の目の色が変わり、大
はしゃぎでした(笑)。
この後、このアスパラが昼食のてんぷらになりまし
たよ。


ekihai ichinohe kozuya 2012, lunch break in takayashiki area, 240520 1-19-s
↑ アスパラを含めた豪華山菜天ぷらが振舞われました


ekihai ichinohe kozuya 2012, lunch break in takayashiki area, 240520 1-30-s
↑ ひっつみを作ってくださいました


ekihai ichinohe kozuya 2012, lunch break in takayashiki area, 240520 1-42-s
↑ 地元お弁当の販売もあって、大感激!!


高屋敷集落は、小鳥谷駅からほぼ南の山中に位置
する、約35戸の小さな集落です。 今回の駅ハイで
は、この集落で昼食を取りました。 地元の方々が、
山菜の天ぷらやひっつみを作ってくださいました。 
また、地元のお弁当が臨時発売されるという嬉しい
配慮もあり、地元の味を堪能することができました。

さて、美味しい地元の幸をお腹いっぱい食べた後、
「よっこらしょ」っと出発。 ご馳走さまでした~♪


ekihai ichinohe kozuya 2012, kawazoko important milestone on the oshu old road, 240520 1-21-s
↑ 川底・一里塚


ekihai ichinohe kozuya 2012, honokidate family house, 240520 1-23-s
↑ 朴舘家住宅


川底・一里塚は全くの山の中にありますが、盛岡か
ら北に13番目の一里塚。 こんもりとした塚は、砂
と粘土の層構造で崩れにくく、平成22年に国指定
史跡となっています。

川底・一里塚から一気に山を下って、笹目子トンネ
ル付近で国道4号線と合流し、朴舘家(ほうのきだて
け)住宅へ向かいます。 


ekihai ichinohe kozuya 2012, 240520 1-3-s
↑ 田植えの真っ最中:日本の原風景が残っているようです


朴舘家住宅は、寄せ棟造の茅葺屋根で、岩手県内
で最大規模の民家で、築150年以上だといわれてい
ます。


ekihai ichinohe kozuya 2012, salada ball ichinohe, 240520 1-10-s
↑ 一戸ピクルス そそられます (一戸町農産物直売所 サラダボール)


駅ハイ一行は、田植えの進む国道4号線沿いをのんび
り歩き、一戸町農産物直売所 サラダボールに到着。
ココまでくると、小鳥谷駅間であと少しの距離。
30分ほど休憩して、さぁ最後のひと頑張りですよ。


ekihai ichinohe kozuya 2012, IGR 4532M 15:55 kozuya stn.240520 1-12-s
↑ いわて銀河鉄道 4523M(15:55)盛岡行 小鳥谷駅到着


ekihai ichinohe kozuya 2012, IGR kozuya stn. 240520 1-14-s
↑ 東京方面へ帰る方と小鳥谷駅でお別れ


無事、小鳥谷駅に到着です。
解散式を行った後は、談笑しながら電車を待ちます。
今日は天気に恵まれ、奥州街道と歴史をめぐるとて
も楽しい駅ハイができました。

JR盛岡支社、一戸町、そして地元ボランティアガイド
の皆様、本当にありがとうございました。



へばな~♪(笑)

  1. 2012/05/21(月) 19:43:12|
  2. 駅ハイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

駅ハイ 春の息吹と一本桜 岩手・にのへ (岩手県二戸市)

ekihai 2012, nihohe 240503 6-8-s
↑ 屋根より高い、鯉のぼ~り♪


                            


今回は、5月3日に岩手県二戸市で開催された駅ハイ"春
の息吹と一本桜 岩手・にのへ"をご紹介します。
二戸市は駅ハイのみならず何度も訪れている街なのです
が、駅ハイで新たな発見があるだろうナ~、と期待が大き
く膨らみますネ。


ekihai 20120503 ninohe route map-s
↑ ルートマップです(駅ハイHPより引用しました)


ekihai ninohe  240503 1-1-s
↑ オマケにチョ~弱なオヤジです


最初の写真は、前回のブログで掲載したものです。
この駅ハイの後半に撮影したものでしたよ。
60歳に手が届くオヤジではありますが、幾つになっても
こどもの日さ、ルンルン♪

歩く前に、水分補給のためにペットボトルのお茶を二戸駅
に隣接するなにゃーとで購入すべぇ~、と、南部せんべい
付きのお茶を発見!! 
お値段は通常通りなので、当然こちらを購入。 おまけに
弱弱のオヤジなのでありんす(笑)。


ekihai ninohe  240503 1-2, okuyama area, ninohe-s
↑ 小雨の中、奥山公民館を目指します


桜の花びらが小雨に踊る中、緩やかな上り坂を二戸駅か
ら西側の奥山公民館へ駅ハイ一向は向かいます。


奥山公民館では、地元のお母さんたちが腕を振るった美
味しいサプライズが待ち受けていましたよ。


ekihai ninohe  240503 1-3, okuyama area, ninohe-s
↑ 地元のお母さんたちの手作り料理


ekihai ninohe  240503 1-4, okuyama area, ninohe-s
↑ 山菜料理、ひっつみ(すいとん)、お鼻餅、お漬物と豪華な品々


見てびっくり♪、食べて美味しい♪
郷土料理の数々に嬉しい驚きの連続。 
まさか、こんな品数のお料理を提供してくださるとは、
思いもよりませんでした。
どれも美味しい!!
どんな有名な料理屋さんでも、この味は出せないんじゃ
ないかな。 地元の味は、最高ですヨ。


ekihai ninohe  240503 1-5, okuyama area, ninohe-s
↑ 賽の神の一本桜


駅ハイ参加者一同、パンパンになり重くなったお腹を抱
えながら再び出発し、賽の神の一本桜を目指します。 
二戸では二番目に幹周りが大きいというエドヒガンに寄
り添うように桜が満開になっています。周りの山間の風
景の中心となっているかのような一本桜が、とても印象
的です。


ekihai ninohe  240503 1-6, ogami iwa, ninohe-s
↑ 男神岩展望台から二戸駅付近を望む


さらに歩を進めて、男神岩(おがみいわ)展望台に到着
です。 ここからは、馬渕川沿いの国道4号線や二戸駅
あたりの市街地一体を望むことができます。
良い眺めですね~。 山道を登って来た疲れも吹っ飛
びます。


ekihai ninohe  240503 1-7, ishikiridokoro  area, ninohe-s
↑ しだれ桜と蔵のある風景 (二戸市石切所上里地区)


ekihai ninohe  240503 1-8, ishikiridokoro  area, ninohe-s
↑ 移動販売車が来ていました (二戸市石切所上里地区)


ekihai ninohe  240503 1-9, ishikiridokoro  area, ninohe-s
↑ さくらんぼの花が満開 (二戸市石切所地区)


ekihai ninohe  240503 1-10, ishikiridokoro  area, ninohe-s
↑ 深山神社 (二戸市石切所地区)


男神岩展望台から石切所上里地区を通り、国道4号線
近くの深山神社へ到着です。 この神社は、国道側から
は見えないのですが、「石切所」と書かれた歩道橋のす
ぐ上にあるんですよ。 
地元の方なら、「あぁ、あそこね」とすぐ分かる場所なの
です。 オヤジも、歩道橋を見た瞬間に「あっ、ここなん
だ!」と即分かりでした。 

今回の駅ハイでは、普段見たことがなかった自然豊か
な二戸市を探索することができました。 
JR東日本盛岡支社、二戸市、奥山地区の皆様、そして
案内して下さったボランティアガイドの方々に御礼申し
上げます。 楽しい駅ハイをありがとうございました。

へばな~。


  1. 2012/05/07(月) 22:19:33|
  2. 駅ハイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

駅ハイ 北緯40度00分00秒 東端の地球村「ふだい」を体感 (岩手県普代村)

ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-5 fudai floodgate.-s
↑ 村民を守った普代水門


                            


野田村での駅ハイに続いて、今回の駅ハイは岩手県普
代村で開催された"北緯40度00分00秒 東端の地球村
「ふだい」を体感"に参加しました。


ekihai route map fudai 2012 april-s
↑ 今回のルートです (駅ハイHPより引用しました)


ekihai 2012 map of iwate-fudai mura-s
↑ ルートマップです


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-1 kuji stn.-s
↑ 三陸鉄道 久慈駅から普代駅までの旅


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-2 kuji → rikuchu-noda.-s
↑ みんな鉄道が大好き♪ (久慈駅 → 陸中野田駅間)


駅ハイが開催される普代村までは、三陸鉄道久慈駅か
ら約40分の列車の旅を楽しみ、普代駅で下車します。


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-3 fudai stn.-s
↑ "大漁だ 普代の海だ"が出迎えてくれます (普代駅)


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-4 fudai stn.-s
↑ 普代駅前での駅ハイ受付と地元お弁当予約受付


まずは受付を済ませて、そして「まるごとふだい弁当」の
予約を完了! (コレ、大事よね)
駅ハイのコースとともに、このお弁当も楽しみなんだナ~♪
1,000円は安いと思いますよ。


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-6 fudai floodgate.-s

ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-7 fudai floodgate.-s
↑ 普代水門


最初の目的地は普代水門です。
この水門は、海岸から約300メートルのところに設置さ
れています。 高さ約15メートル、幅約200メートルのコ
ンクリート水門で、昭和59年に完成しています。

ガイドさんの説明では、この水門が津波を食い止めたこ
とで村中心部の被害がなかったそうです。 この水門を
作るにあたっては、15メートルは高すぎる等の議論があ
ったそうですが、当時の村長さんが明治の頃の大津波の
事例をもとに高さ15メートル高を決断した、と聞きました。

最初の写真には、県道標識が右側に倒れているのが分
かりますね。 これはたぶん引き波で倒されたと思われ
ます。 また上の写真には、水門内側のコンクリートの桁
(写真奥側)の半分が破壊され、手前の部分が変形して
います。 

津波の一部が水門を超えたものの、その勢いは減少さ
れ上流には向かわなかったそうです。 この写真だけで
も、津波が持つ破壊力の一端を知ることができます。


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-8 fudai tunnel.-s
↑ 普代トンネルを抜けて大田名部港へ


停電中で真っ暗な普代トンネルを一列で通り抜けて、大
田名部港へ到着。 ここから、専用バスで黒崎展望台へ
向かいました。

当初のルートでは、シーサイドラインを歩いて展望台へ
行くことになっていましたが、通行困難とのことでバスへ
と変更されました。


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-9 kurosaki seashore observatory.-s
↑ 黒崎展望台からの眺望 (写真上が野田村・久慈方向)


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-10 marugoto fudai lunch box in kurosaki public hotel.-s
↑ まるごとふだい弁当


黒崎展望台からの眺望が素晴らしい!
穏やかな三陸の海の大きさを実感できます。
いつもこんな海であるように願いました。

展望台近くにある普代村営の国民宿舎くろさき荘で昼
食タイムです。 予約したまるごとふだい弁当は、なか
なかの充実振りです。 さらに地元産の昆布を練りこ
んだ"昆布うどん"振舞われました。
こちらも食感良く、旨い!


ekihai 2012 enjoy fudai village, iwate pref. on sea side walking, 240429  1-11 fudai stn.-s
↑ 皆さん、ありがとう♪ (普代駅)


北緯40度の普代村の景色と味を楽しんで、帰路に着き
ました。 駅ハイ関係者、ガイドさんたちが、普代駅の
ホームで見送ってくださいました。

普代村、三陸鉄道及びボランティアガイドさんたちに、
改めて御礼申し上げます、「楽しい駅ハイ、ありがとうご
ざいました」。



へばな~。

  1. 2012/05/04(金) 15:00:00|
  2. 駅ハイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅ハイ いわて野田・西行法師が魅せられた海辺の景色をのんびりウォーク (岩手県野田村)

eki-hai 2012, tofugauea seashore aera in noda-village 240428 1-8-s
↑ ガレキ置き場も駅ハイコースでした (野田村)


                            


今回の駅ハイは、岩手県野田村で開催された"いわて野
田・西行法師が魅せられた海辺の景色をのんびりウォー
ク"でした。



ekihai route map noda-tamagawa 2012 april-s
↑ 今回のルートです (駅ハイHPより引用しました)


ekihai iwate-noda map 20120428-s
↑ ルートマップです



eki-hai 2012, noda-village 240428 1-12, resort umineko operating by JR-east, hachinohe stn.-s
↑ リゾートうみねこ号 (八戸駅)


まずは、八戸駅からリゾートうみねこ号に乗車して野田
玉川駅まで向かいます。

リゾートうみねこ号は、6月30日までの土曜日・休日に運
転されていて、各車両には大きな窓があって、車窓から
の眺めが抜群に良いのであります。

午前10時16分に八戸駅を出発し、八戸線の各駅に停車
しながら、三陸鉄道北リアス線へ直通運転され、三陸鉄
道の野田玉川駅には午後12時50分に到着します。


eki-hai 2012, noda-village 240428 3-12, noda-tamagawa stn. on samriku railways-s
↑ 野田玉川駅で受付


野田村、三陸鉄道の関係者及び地元ボランティアの方々
が今回のコースの見所等を説明してくれました。 
まずは、西行屋敷跡、玉川海岸、そしてのだ窯ギャラリー
IZUMITAさんへ向かって出発です。


eki-hai 2012, noda skiln gallery in noda-village 240428 1-2-s
↑ のだ窯ギャラリー


eki-hai 2012, tamagawa mine in noda-village 240428 240428 1-7-s
↑ 野田玉川鉱山洞


のだ窯ギャラリーでは、素晴らしい作品の数々を見ること
ができますが、普段使いの重厚感ある器なども販売され
ていますよ。

このギャラリーのほど近くには、マンガン鉱山であった野
田玉川鉱山洞があります。 現在は、バラ輝石の採掘及
びマリンローズの加工販売が主力で、坑内観光「マリンロ
ーズパーク野田玉川」として坑内の一部を一般公開して
います。


eki-hai 2012, tofugaura tunnel, samriku railways, noda-village 240428 1-20-s
↑ 三陸鉄道 十府ヶ浦トンネル付近で三陸鉄道の列車に手を振りました


三陸鉄道 十府ヶ浦トンネル付近で、運行本部長さんより
被害及び復旧工事の状況について説明を受けました。 
陸中野田駅と田野畑駅間は、新たに線路を敷設し直した
ため、現在は時速40km位の走行だそうですが、近々鉄
道設備の検査を受け通常走行(90km)となる予定だそう
です。 駅ハイのメンバーは、十府ヶ浦トンネルを出てき
たレトロ列車に手を振りました♪ がんばれ、三鉄!!


eki-hai 2012, noda branch iwate bank, noda-village 240428 1-32-s
↑ 岩手銀行野田支店 (十府ヶ浦海岸付近)


さらに歩を進めて、十府ヶ浦海岸へ。
ここでは、最初の写真にあるガレキ仕分け・置場の横を
通りました。 複雑な気持ちでガレキを見つめました。

国道45号線を横切り街中へ。
岩手銀行が見えました。
一見、被害がなかったように見受けられたのですが、看
板が捻じ曲がっているのがお分かりでしょう。 建物自体
への被害も大きかったため、銀行は別の場所へ移転し
て営業を続けているとのことです。


eki-hai 2012, noda-village 240428 1-6, rikuchu-noda  stn. on samriku railways-s
↑ のだ塩ソフトでリフレ~ッシュ (陸中野田駅)


素晴らしい海岸の景色と、地震・津波による被害の大き
さを実感し、複雑な気持ちを抱きながら、ゴールの陸中
野田駅に到着です。

案内してくださった方々から、「こうやって、皆さんに来て
いただけることが何より大切なんです」との言葉に、参加
者から拍手が起こりました。

のだ塩ソフト(250円)がさっぱりしていて美味しい♪
ゴール後のリフレッシュにバッチリでした。


野田村、三陸鉄道の関係者及び地元ボランティアの方
々、ありがとうございました。とても楽しい駅ハイでした。


へばな~。


  1. 2012/05/03(木) 21:38:04|
  2. 駅ハイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

駅ハイ (期間設定)  岩手県のいわて・一戸町『太古のロマンと懐かしい街を歩く』 その2

eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-2 gozaisho histrical park-s
↑ 御所野縄文博物館へ通じる木の吊り橋はSF的な雰囲気


                            


岩手県のいわて・一戸町『太古のロマンと懐かしい街を歩く』 
その2です。


駅ハイ 2012 期間設定:いわて・一戸町『太古のロマンと懐かしい街を歩く』 ルート図
↑ 今回のルートです (駅ハイHPより引用しました)


岩手県北に現存する最古の映画館である"萬代館"の見学
を終えて、次なる訪問ポイントは浄土宗 實相寺です。
ここには、国指定の天然記念物の公孫樹(いちょう)があり
ます。


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-4 ginkgo tree in jissoji temple-s
↑ 浄土宗実相寺の国指定の天然記念物の公孫樹


見た目には、何の変哲もないイチョウに見えますが、、、。
案内板には、「樹齢約280年、樹高約25メートル、目通り周
囲3.3メートルで、イチョウとしてはそれほど巨木ではありま
せん。

しかし、雄株でありながら小枝の一部に雌花がつき、毎年
ブドウ房状の身を結ぶ貴重なイチョウとして、国の天然記
念物に指定されました」とあります。 見た目だけでは分か
らない、凄さがあるんですね(なるほど~)。


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-2 gozaisho histrical park-s 240422 1-3-s
↑ きききのつり橋はこんな感じです


我々一行の進行は、駅ハイのルート図とはだいぶ違います
が、そこはご愛嬌♪

国道4号線から少し山側へ入ったところにある御所野縄文
博物館を目指しました。 博物館へつながる通路は、実は
木製の吊り橋なのです。 正式な名前は"きききのつりばし"
といいます。


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-3 gozaisho histrical park-s
↑ 竪穴住居(御所野縄文公園)


この吊り橋を渡ると御所野縄文博物館があり、その奥が古
代の住居を復元した公園となっています。
新緑の芝生公園に竪穴住居が点在しています。
御所野縄文博物館がチェックポイントなので、博物館受付
でスタンプをポン!

スタンプを押したところで、いよいよ最後の訪問ポイントであ
る平孝商店へ向かいました。


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-10 hirakos shop-s
↑ 平孝商店さん


平孝商店さんは、IGR一戸駅から徒歩数分のところにあり
ます。 ここの何が素晴らしいかって、それは昭和30年~
40年代頃の商品がわずかですがまだ残っていて、販売さ
れているんです。


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-11 hirakos shop-s
↑ ランプも売られていました


eki-hai, ichinohe, iwate pref., 240422-12 hirakos shop-s
↑ アルミ製のお弁当箱:おかず入れが時代を感じさせます


まるで宝箱の中に居るような、とても楽しい気分で店内を
ウロウロ。 アルミ製のお弁当箱を見つけて、駅ハイ一同
は「あった!」、「これだ~!!」と歓喜の声高らかに大は
しゃぎでした(笑)。

hinachanもオヤジも、アルマイト製のお弁当箱(写真とは
別なものです)を購入♪ ルンルン気分でしたネ。

歴史の香り、古代への誘い、町民の方々の親切さに触れ、
とても楽しく歩くことができた駅ハイでした。


実は、一戸町にはまだまだご紹介したい場所があるので
す。 それは、後ほどということで♪♪

皆様、楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。
へばな~。


  1. 2012/04/29(日) 20:18:22|
  2. 駅ハイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

reev21

Author:reev21
FC2ブログへようこそ!

・住まい   転勤して浅草エリア
        に住んでます
・分類    中年デブ白髪オヤジ
・好きなこと 食べること、飲むこと
・愛車    VWパサート






【お知らせとお願い】
・記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合がありますので、ご了承ください。

・このサイトに掲載されている「記事」及び「写真」の無断転載等はご遠慮願います。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-